大腸カメラ
大腸内視鏡検査は、大腸(結腸)を内側から直接見ることができる検査法です。
検査を行うために、内視鏡を注意深く肛門を通して大腸に挿入します。大腸内視鏡検査に使用する器械は柔らかく、人差し指ぐらいの太さです。内視鏡の先端から明るい光を発して、大腸の内部を鮮明に観察し、病変があるかどうかを調べます。場合によっては、粘膜の表層の一部を採取して顕微鏡で細胞を観察する生検と呼ばれる検査を行うこともあります。
生検は、内視鏡を通して小さな組織片を、なんの痛みも感じることなく採取できます。また、大腸内視鏡検査中にポリープを切除することも可能です。ポリープは、いぼの様な形をしており、粘膜が異常に増殖したものです。内視鏡で切除した場合には詳しく顕微鏡で検査します。

検査をおすすめする症状

・血便が出る
・便通の異常(便秘、下痢)
・腹痛、膨満感
・体重が急に減った
・便が細くなった
・排便の回数が増えた、排便後もすっきりしない

大腸カメラで分かる病気

・大腸がん
・大腸ポリープ
・潰瘍性大腸炎
・クローン病
・大腸憩室症
・虚血性大腸炎
・直腸カルチノイド
・大腸脂肪腫
大腸がんは急激に増えています
近頃の日本では、食生活や生活スタイルの変化などにより大腸がんになる人が急激に増えています。特に女性ではがんの部位別の死因の第一位は大腸がんです。大腸がんは初期症状に気づきにくく早期の発見が難しいといわれています。しかし、早期発見できれば完治する可能性が高いため、症状の有無にかかわらず、定期的に検診を受けることが大切です。
大腸がん罹患数の推移

当院の大腸カメラの特徴

消化器内視鏡専門医による丁寧な検査

当院の内視鏡検査はすべて、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医が行っています。苦痛の少ない内視鏡検査を提供し、より多くの方に検査を受けていただけるよう努めています。

苦痛の少ない検査のために

おなかの痛みに関しては、個人個人千差万別です。
内視鏡を不用意に押し込むことで腸管が引き伸ばされ痛みが出る場合がありますので、当院では可能な限り腸管を伸ばさないように、腸管をアコーディオンカーテンのようにたたみながら、内視鏡を挿入することを意識して行います。手術歴のある方は腹腔内が癒着していることが多く(婦人科手術後の方に多い)、その場合は術者がどんなに注意しても痛みが出ることはあります。
内視鏡検査が不安な方、痛みに対してトラウマが強い方などには、鎮静剤を使用してウトウトしている間に検査を行うことができます。身体的にも精神的にもリラックスして検査を受けていただけます。当院では職員の技術研修と安全な沈静剤の使用を併用し、患者さんに合わせた検査法で苦痛の少ない内視鏡検査を目指しております。安心してご相談ください。
浸水法について
また当院では、浸水法を使って検査を行っています。
カメラの挿入時に、少量の水を流し込みながら、空気を入れずにスコープを進めていきます。腸の中に水があるため、摩擦抵抗が減り、スムーズにスコープを入れることができます。腸が伸びたりねじれたりすることなく、お腹の張りも感じないため、苦痛が少ない検査を可能にしています。

高性能内視鏡システム導入

当院では、早期がんなどの微細な病変を早期発見するために、非常に有用なLCI(Linked Color Imaging)・NBI(Narrow Band Imaging)・BLI (blue Laser Imaging)システム搭載の高性能内視鏡を導入しています。
それぞれに特徴があり、併用しながら病変を詳しく観察します。早期がんの兆候である炎症などの病変や、がんの進行度などを見逃さない内視鏡検査を実現しています。
高性能内視鏡システム
LCI(Linked Color Imaging)
LCIとは、短波長狭帯域光と色調拡張技術を組み合わせることによってわずかな色の差を強調する技術です。LCIでは410nmの狭帯域光が腫瘍病変血管が赤く、より深層の炎症の血管が紫に反射して見えます。反射した光がプロセッサーにより色分離を行うことでより境界が明瞭化され、視認性が向上されます。このため炎症粘膜は紫、腫瘍粘膜は赤く見え、また胃がんのハイリスク因子である胃の腸上皮化成を通常光観察に比べて優位に拾い上げることが報告されています。
LCI(Linked Color Imaging)
NBI(Narrow band imaging)
NBIとは、2つの短い波長の光(415nm/540nm)を粘膜に当てることによって、粘膜の微細な表面構造や粘膜表層の微小血管像を映し出す技術です。
BLI (blue Laser Imaging)
BLIとは、レーザー光を当てて観察する。410/450nmの短波長レーザー光の照射により得られる高コントラストな信号に対して画像処理を行い、血管や表面構造などの観察に適した画像を表示します。
BLI (blue Laser Imaging)

炭酸ガスによりお腹の張りを解消

検査中、検査後のおなかの張りは腸の中を観察する際に空気を入れて膨らませて観察するためです。従来は観察後はこまめに空気を抜いておなかの張りを軽減するようにしていました。
しかしヒダに隠れたポリープを見逃さない為にはどうしてもある程度の空気を入れざるを得ません。このため当院では内視鏡用炭酸ガス送気装置(OLYMPUS UCR)を導入しております。これは内視鏡を使って、消化器管腔内に炭酸ガス(CO2)を送気できる装置です。これまでは、空気を送っていたのですが、送気された炭酸ガスは、空気と比べて生体吸収性に優れていることから、拡張した腸管を速やかに収縮させ、患者さんの膨満感からくる苦痛を緩和してくれます。従って、検査後、お腹が張って苦しいなどの頻度は依然に比して非常に少なくなっています。
内視鏡用炭酸ガス送気装置

安全の内視鏡消毒システムを採用

感染防止対策として、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに準じて、検査ごとに内視鏡の洗浄・減菌・消毒作業を徹底的に行っています。
内視鏡消毒システム

大腸カメラの流れ

1. 前日

前日の夕食は消化のよいものをとるようにしてください。
前日は21時以降は固形物は口に入れないようにしてください。飲水やお薬の内服は構いません。
21時に下剤を内服します。
当日朝、絶食で(内服薬は心臓のお薬や降圧剤は内服されてください)おいでください。
※当院での検査が初めての方はお薬内容などを前もってお教えください。

2. 受診受付後

検査前待合室にお通しします。リラックスしてお待ちください。
問診表の記載をお願いします(身長、体重、薬のアレルギーの有無、現在内服されているお薬、定期的に加療されている疾病、過去の手術歴、過去受けられた内視鏡検査についてなど)。
検査前待合室

3. 前処置

腸管洗浄液を飲みます。(1Lの腸管洗浄液+0.5~1Lのお水(お茶))
10~20回排便して、黄色の液のみになれば検査を開始します。
鎮静剤を使用する場合は、ここで鎮静剤を投与します。
腸管洗浄液に関して
一般的に当日朝2Lの腸管洗浄液を飲み、排便を繰り返しますが、この腸管洗浄液が塩水のような味で1L以上飲むと、飲めないと言われることが多くありました。私自身も定期的に大腸検査を受けていますのでわかりますが単一な塩水のような水を2Lも飲むのは苦痛と感じる方は多くおられました。しかし最近の腸管洗浄液は少し味が飲みやすくなり、また飲水する量も1Lで残りの1Lは水でもお茶でもよいというようになり、以前に比べると腸管洗浄液を飲めないという方は減っています。しかしいまだに大腸検査を受けた方々で最も苦痛だったというのは腸管洗浄液の飲水で、今後さらなる腸管洗浄の進歩が望まれています。

4. 検査

大腸~直腸を観察します。
検査中にポリープが見つかった場合は、その場で切除することも可能です。その後顕微鏡で詳しく検査を行います。
ポリープ切除がなければ、検査は、15〜30分で終了します。

5. 検査後

検査後は、リカバリー室で30分から1時間程度、安静にしていただきます。気分が悪くなったら、すぐにスタッフへお声かけください。
検査当日は、お車などの運転、飲酒や激しい運動はお控えください。
リカバリー室

6. 説明

撮影した画像を見ながら、医師が検査結果をご説明いたします。
検査時に組織を採取した場合は、後日病理結果が出てからのご説明となります。
治療が必要な場合はその内容や計画について、次回の検査時期についてなどもお話いたします。

日帰り大腸ポリープ切除術について

大腸ポリープは、大腸の粘膜にできた良性のできものですが、放置して大きくなると大腸がんになってしまいます。大腸がんの予防のためにも、ポリープのうちに切除してしまうことが大切です。内視鏡検査で、切除可能なポリープが見つかった場合、その場で切除することができます。入院の必要もなく日帰りで行うことができるため、お忙しい方でも安心です。
ポリープ切除術を行った方は、1週間程度は消化の良い食事メニューを心がけ、水分をたっぷり摂るようにしてください。また、激しい運動、飲酒、旅行も1週間程度は控えていただき、入浴もシャワー程度にとどめてください。
出血リスクが高い場合や、ポリープの数や大きさなどによっては入院が必要になる可能性もありますので、その場合は連携医療機関と協力して治療を進めていきます。