BLOG

開院して1年

開院して1年です。歳はとっておりますが、開業医としては1年生で、右も左もわからず、いろんな方々に助けていただき、あっという間の1年でした。最近は少しずつ馴染みの患者さんも増えてきて、新しい職員も増え、自分のやりたい地域医療の基礎固めをしている状態でしょうか。開院前にたてた目標は2つ、①癌検診率の低い佐賀県において、苦しくない内視鏡検査を提供して頻度の多い消化器の癌を1人でも多く早期に見つけること、②地域の方々の生活習慣病(認知症も含めて)の管理を行い地域貢献をする。どちらも一朝一夕にできることではありませんが、目指し続けることが大事だと思います。

昔親父に『目標を立てたら半分成功、あとはそれに向かってやり続ければ良い』と言われました。その時は『良いこと言うなぁ親父』と思ったものです。父が他界して1年4か月たちます。出来の悪い息子で、一番心配をかけました。やり続けることで少しでも安心してもらえればと思います。

父は病理という顕微鏡を使った仕事をしていました。写真は亡くなる前まで父が使っていた顕微鏡です。今では医学生でも使わないような旧式の顕微鏡ですが、私にとっては心の拠り所です。

2017年10月11日